高槻市::DIさま邸
終の棲家になりました

DIさま邸before

DIさま邸after

DIさま邸図面

建物が古いので隙間風が入り冬がとても寒い。
各所に段差がありつまづいて転びそうで怖い。
終の棲家にするために耐震性に不安を感じている。
水廻りが古く、収納も少なく使い勝手が悪い。
南側に窓があるが、室内の壁の色で暗くなっている。
施主さまのお悩み・ご希望

施主さまの感想 床暖房や、窓が新しくなったことで冬がとても暖かく過ごせました。
マンションに住んでいたころと変わらないくらい、暖かくなりました。
段差が無くなり安心して部屋の行き来が出来るようになりました。
想像していた以上に明るく広く素敵になりました。
リビングから見えるお庭がきれいでとてもうれしいです。
リフォーム後、来客が増えて毎日、楽しく過ごしています。
収納を増やしてもらったことであふれていた荷物もまとめて収納ができるようになり部屋が片付いてとても良かったです。
終の棲家に携わってっくれた職人さんたちとの記念写真が我が家の宝物になりました。キッチンに飾って毎日見える様にしています。

隙間風には断熱サッシを入れ、次世代基準を満たすLow-e複層ガラスを設置。
床下には断熱材(スチレンフォーム)を敷き込み壁には断熱材(高性能グラスウール)を設置しました。
また床暖房を敷き込み足元から暖かくなるようにしました。
各所の段差はすべて解消し安心して生活できるようにしました。
耐震診断の結果、耐震性がとれておらず補強をすることとなりました。
耐震補強のため袖壁が必要となり、壁を有孔ボードにしてディスプレイもできるようにしました。
水廻りは全て取り替えてキッチンにはお店のショーケースをイメージして棚板、壁面をデザインしました。
窓はできるだけ大きく取り、内装材には明るくなるような配色を取り入れました。
ご提案した解決方法

上へ